ツレヅレ食ナルモノ

ほんとは毎日食べたいものを食べたいんです

ラ・ブラッスリー シェ 松尾 @渋谷 フレンチの名店でカプレーゼハンバーグ

たまにはフレンチを食べたい、と言うわけでこの日はシェ松尾のカジュアル版ラ・ブラッスリー シェ 松尾にお邪魔しました。

f:id:ot_nail:20180310155746j:plain

カプレーゼハンバーグ(サラダ・パン・珈琲付き) 2700円

ハンバーグに2700円。カジュアルなブラッスリーとは言え、名店価格です。1980年に渋谷区松涛の住宅地、大正時代にイギリス人建築家により建てられた洋館を改装してオープンしたフランス料理店〈シェ松尾〉その本店のエスプリを継承したブラッスリー

席の使い方もとても贅沢。2名で利用する席も驚くほど広々。ランチはコース利用以外は座席予約が出来ないので、土曜日のお昼時常に並んでいる人が絶えない。

f:id:ot_nail:20180310155910j:plain

まずはパンのサーブ。米粉パンとフランスパン。これがかなりの美味しさ。無駄のない味わい。

f:id:ot_nail:20180310160226j:plain

サラダは上品にグリーンサラダ。もう少し何かあってもよくない?て思うけど。

f:id:ot_nail:20180310160323j:plain

そしてメインのカプレーゼハンバーグ。丸々としてはち切れそうなハンバーグにモッツァレラチーズとトマト、いわゆるカプレーゼが乗って一緒に焼かれています。

f:id:ot_nail:20180310160453j:plain

お肉はさぞ柔らかな感じかと思いきや、ものすごくしっかりとお肉感を感じるもの。ミンチが大きいので時に塊にも遭遇する。つなぎがほとんどないんじゃないかな。お肉を食べてますって感じるハンバーグはなかなかない。最近のハンバーグはジューシーで口の中でとろけるようなものが多いから、これは意外性あって美味しかったです。

f:id:ot_nail:20180310160723j:plain

カプレーゼにはバジルソースも入っていて時折口の変化も楽しめます。そして下のソースは赤ワインソースです。デミグラスじゃない。大人のソース。

f:id:ot_nail:20180310160820j:plain

見た目のこの雰囲気では、繊細で物足りないくらいを想像していたのに、実際はこの真ん丸のハンバーグにはお肉がたっぷりで大食いの私がパン二個でも十分なほどお腹いっぱいでした。

f:id:ot_nail:20180310161026j:plain

デザートいらないほどに満足。最後珈琲だけで十分でした。

シェ松尾 青山サロン

ここ以外のシェ松尾に行ったことがないので、このブラッスリーがどれほどにカジュアルダウンしているのかはわからないけれど。私にはこのブラッスリーで、大満足なハンバーグランチでした。フレンチのお店でハンバーグランチ、なんてこんな贅沢はめったにさせてもらえないからラッキーでした。


ラ・ブラッスリー シェ 松尾
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店 8F
電話番号 03-3477-3889
営業時間 11:00~22:30

こちらもぜひご覧ください⏩【本館ツレヅレ美ナルモノ

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村


ブロトピ:グルメ・料理・食べ歩き
ブロトピ:今日のブログ更新